結婚指輪が2人の将来を創造する|トラブルがあったとしても自己責任

長い歴史を持つ指輪

婚約指輪の有する歴史

結婚指輪

婚約指輪はとても長い歴史を有しています。 日本には明治維新以降の西洋文化流入と共に、欧米からもたらされました。 そもそもエジプトやギリシャを始め古代地中海世界において指輪とは、ただ単に装飾品であるというだけでなく売買契約などに際して証拠の品として贈るというような意味合いも持っていました。 こうした契約の証という性格から結婚もいわば契約であるため、結婚に際して婚約の証として婚約指輪を贈るという文化が生まれました。この時代は結婚よりも婚約が重視されていたために、婚約指輪のほうが歴史的に見ても結婚指輪より長い歴史を持っています。 当初は鉄の指輪を贈っていたそうですが、古代ローマ時代にはすでに金の指輪を贈るようになっていたことが文献からわかっています。

指輪の今後と予測とは

婚約指輪を贈るという習慣は本来ヨーロッパを起源に持つ外来の文化ですが、現在の日本においては婚約に際して普通に行われる習慣となっています。 ただし時代の変化に合わせて婚約指輪を取り巻く環境もまた変化を見せています。かつては無理をしてでも高額な指輪を贈るというような価値観もありましたが、現在は無理をせずに身の丈に合った価格で購入することが多くなっています。 結婚に際しては婚約指輪以外に結婚指輪も購入する事になるため、合計で三つの指輪を購入するという理由からも、こうした事情につながっています。 平均的な価格に関しては経済状況の変化によって多少の変動はあるものと予測されますが、一方身の丈に合った婚約指輪を選ぶということは価値観として定着しているので、今後もしばらくは手ごろな価格帯の指輪に人気が集まると予測されます。